パパママ・キッズ婚のQ&A

赤ちゃんを連れて結婚式に参列するのですが、授乳が心配です

今度、赤ちゃんを連れて結婚式に参列します。まだミルクを飲んでいるので授乳が心配です。結婚式・披露宴で授乳に席をたっても失礼ではないでしょうか。また式場ではミルクなど作って頂けるのでしょうか。

子育て応援団のアドバイス

失礼ではありませんが、お腹がすいて泣き出す前に授乳に席を立つなど、タイミングには配慮が必要です。また、ミルクは作っていただくこともできる式場もあると思いますが、基本的にはご自身で必要なものは準備しましょう。 例えばお湯ひとつをとっても、適切な温度などは、中々対応していただけないことも多く、そのやり取りの間に子どもが泣き出してしまうということも。荷物は多くなってしまいますが、周りの方と連携をとって、きちんと準備して臨んでいただきたいです。
ウエディングアドバイザー:あつみゆりか
2014年5月16日
席をたつのは問題ありません。披露宴前に、授乳スペースの場所を確認しておくとスムーズです。会場スタッフに声をかけておけば、進行の妨げにならないようケアしてもらえます。また、ミルク用のお湯の用意や食器の用意のある会場もありますので、当日突然聞くよりかは事前に会場に連絡をしてみてもよいかもしれませんね。
ウエディングアドバイザー:古松朋美
2014年5月16日

お悩み・相談は、ミキハウス子育て総研のスタッフがよく読み 200名以上の子育て応援団(専門アドバイザー)の中から適切な方にアドバイスを依頼しました。

あつみゆりか
あつみゆりか
ウエディングアドバイザー
“ふたりらしい結婚式を”をキャッチフレーズに、結婚式情報を紹介する『マイナビウエディング』の編集長を務める。現在までに、200以上の結婚式場へ実際に足を運び、ウエディングの最新トレンドを把握。新たな集客方法の提案などを行う。 またプライベートでは3児の母。仕事と家庭の両立をパワフルにこなしている。
古松朋美
古松朋美
ウエディングアドバイザー
ホテル椿山荘東京のウエディングプランナーとして、「パパママ・キッズ婚」やお子さま参列の式のプランニングをはじめ、数多くの結婚式を手掛ける。 また、ウエディング部門の広告宣伝も担当。子育てファミリーにやさしい・楽しい・思い出に残る結婚式をモットーにご提案をしています。

あなたのお悩みを、アドバイザーに相談してみませんか。

ミキハウス子育て総研のスタッフが、あなたのお悩み・相談をよく読み 200名以上の子育て応援団の中から適切な数名の方にアドバイスを依頼します。 ※子育て応援団とは、医師・保育士・栄養士その他の有資格者や先輩ママで構成された専門アドバイザーです。

お悩み相談はこちら

アドバイザー一覧はこちら

Pagetop

ミキハウス子育て総研の認定評価事業